FreeBSDでUT-VPN

初期設定

インストールはこちら

UT-VPNの起動。

# utvpnserver start

管理コンソールに接続

% utvpncmd

utvpncmd コマンド – SoftEther UT-VPN コマンドライン管理ユーティリティ
SoftEther UT-VPN コマンドライン管理ユーティリティ (utvpncmd コマンド)
Version 1.01 Build 7101   (Japanese)
Compiled 2010/06/27 18:40:28 by yagi at pc25
Copyright (C) 2004-2010 SoftEther Corporation.
Copyright (C) 2004-2010 University of Tsukuba, Japan.
Copyright (C) 2003-2010 Daiyuu Nobori.
All Rights Reserved.

utvpncmd プログラムを使って以下のことができます。

1. VPN Server または VPN Bridge の管理
2. VPN Client の管理
3. VPN Tools コマンドの使用 (証明書作成や通信速度測定)

1 – 3 を選択: 1

接続先の VPN Server または VPN Bridge が動作しているコンピュータの IP アドレスまたはホスト名を指定してください。
‘ホスト名:ポート番号’ の形式で指定すると、ポート番号も指定できます。
(ポート番号を指定しない場合は 443 が使用されます。)
何も入力せずに Enter を押すと、localhost (このコンピュータ) のポート 443 に接続します。
接続先のホスト名または IP アドレス:

サーバーに仮想 HUB 管理モードで接続する場合は、仮想 HUB 名を入力してください。
サーバー管理モードで接続する場合は、何も入力せずに Enter を押してください。
接続先の仮想 HUB 名を入力:
VPN Server “localhost” (ポート 443) に接続しました。

VPN Server 全体の管理権限があります。

VPN Server>

今回は、現在のサーバー上のUT-VPNの設定を行うので

1を選択してlocalhostに接続する。

一先ず、ServerPasswordSetでVPN Server の管理者パスワードを設定。

VPN Server>ServerPasswordSet
ServerPasswordSet コマンド – VPN Server の管理者パスワードの設定
パスワードを入力してください。キャンセルするには Ctrl+D キーを押してください。

パスワード: *******
確認入力  : *******

コマンドは正常に終了しました。

VPN Server>

今回は、仮想ハブDEFAULTに対してローカルブリッジので

BridgeCreateコマンドでローカルブリッジを作成。

VPN Server>BridgeCreate
BridgeCreate コマンド – ローカルブリッジ接続の作成
ブリッジする仮想 HUB 名: DEFAULT

ブリッジ先のデバイス名: em0

物理的な LAN カードに対してブリッジを行う場合、新しいブリッジ接続を作成した直後の状態では 、一部の LAN カードでは仮想ネットワーク内のコンピュータからブリッジ接続に使用している LAN カード自身に対する TCP/IP 通信が正しく行えない場合があります。
(特に、Intel や Broadcom 製 LAN カードなどでこの現象が発生する場合があります。)

その場合は、一度 VPN Server / Bridge が動作しているコンピュータを再起動してください。コン ピュータの再起動後に正しく通信することができるようになります。

また、大半の無線 LAN アダプタはプロミスキャスモードでのパケットの送受信に対応していない場 合が多いため、ローカルブリッジに使用できない場合があります。このような場合は、無線 LAN ア ダプタではなく通常の LAN カードの使用を検討してください。

コマンドは正常に終了しました。

VPN Server>

ブリッジ先のデバイス名は、BridgeDeviceListコマンドでローカルブリッジに使用できるLANカード一覧が取得できるので、出てきた適切なものを設定。

VPN Server>BridgeDeviceList
BridgeDeviceList コマンド – ローカルブリッジに使用できる LAN カード一覧の取得
bge0
em0
コマンドは正常に終了しました。

bridgelistコマンドで一覧に表示されていれば成功。

VPN Server>Bridgelist
BridgeList コマンド – ローカルブリッジ接続の一覧の取得
番号|仮想 HUB 名|ブリッジ先 LAN カードまたは tap デバイス名|状態
—-+———–+——————————————+——
1   |DEFAULT    |em0                                       |動作中
コマンドは正常に終了しました。

最後に接続するユーザの設定

仮想ハブDEFAULTの設定コンソールに入る

VPN Server>HUB DEFAULT
Hub コマンド – 管理する仮想 HUB の選択
仮想 HUB “DEFAULT” を選択しました。
コマンドは正常に終了しました。

VPN Server/DEFAULT>

ユーザの作成

VPN Server/DEFAULT>usercreate
UserCreate コマンド – ユーザーの作成
ユーザー名: kazukichi

参加するグループ名:

ユーザーの本名: kazukichi

ユーザーの説明:

コマンドは正常に終了しました。

VPN Server/DEFAULT>

本名および[説明は、VPN Server の動作とは関係がないメモ程度のため、任意のものを適当に設定して良いらしい。<空欄でもなんでも

最後にパスワードの設定

VPN Server/DEFAULT>userpasswordset
UserPasswordSet コマンド – ユーザーの認証方法をパスワード認証に設定しパスワードを設定
ユーザー名: kazukichi

パスワードを入力してください。キャンセルするには Ctrl+D キーを押してください。

パスワード: ********
確認入力  : ********

コマンドは正常に終了しました。

VPN Server/DEFAULT>

これで、一先ず設定完了。

VPN Server/DEFAULT>userlist
UserList コマンド – ユーザー一覧の取得
項目            |値
—————-+————–
ユーザー名      |kazukichi
本名            |kazukichi
説明            |
認証方法        |パスワード認証
ログイン回数    |0
最終ログイン日時|(なし)
コマンドは正常に終了しました。

VPN Server/DEFAULT>

userlistコマンドで一覧に表示されればおkかと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です