IPv6トンネリング

ipipトンネル、こんな感じでいけた。

ipv6 route default gateway tunnel 1
ipv6 prefix 1 2001:f66:e::/64
ipv6 lan3 address 2001:f66:e::1/64
ipv6 lan3 rtadv send 1
tunnel select 1
tunnel name IPv6
tunnel encapsulation ipip
tunnel endpoint address トンネル先
tunnel enable 1
ip filter 4000 pass * * ipv6 * *

最初繋がらない・・・と思ったら4000のフィルタの順番間違えてた。

割り当て自体は/48なんだが、/48をそのままprefixに指定したら

RAできなかった・・・。

/64ならちゃんと降って来た。

YAMAHA壊れたと思ったが、どうやらその辺はOSの実装によるものらしい。<Windowsのせいか

avisにtracerouteするとなんか変な感じなんだがどうなってんだ

2    12 ms    12 ms    11 ms  2001:f60::113
3    10 ms     9 ms    10 ms  2001:f60:800::1
4    10 ms    10 ms    10 ms  2001:f60:0:42c::2
5   287 ms   287 ms   287 ms  2001:200:0:fe00::9c1:0
6   294 ms   293 ms   294 ms  tky001bb11.IIJ.Net [2001:240:bb01:32::7e]
7   292 ms   291 ms   291 ms  tky008bf00.IIJ.Net [2001:240:bb00:9008::73]
8   316 ms   288 ms   288 ms  tky001ix01.IIJ.Net [2001:240:bb00:901a::7f]
9     *        *        *     Request timed out.
10    15 ms    15 ms    15 ms  2406:8000:102:fe10::12
11    16 ms    15 ms    15 ms  2406:8000:102:fcc0::c3

IIJで跳ね上がって、その後また戻るって一体どんな経路通っているのだろうか・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です