JuniperでNSR/GRES(Nonstop Active Routing/Graceful Routing Engine Switchover)の設定

Juniperの複数のルーティングエンジンを搭載した筐体でNSR/GRES(Nonstop Active Routing/Graceful Routing Engine Switchover)の設定

最近は次の設定を入れておくのが良いらしい。

set chassis redundancy graceful-switchover
set routing-options nonstop-routing
set system synchronize
set system switchover-on-routing-crash

Bible本やオライリーのJunos High Availability本などでは以下の3つを入れておくのが定番と思う

set chassis redundancy graceful-switchover
set routing-options nonstop-routing
set system synchronize

合わせて次の設定を入れておくのが良いようである。

set system switchover-on-routing-crash

rpdというルーティングプロセスデーモンがクラッシュした時にも切り替わるようになるらしい。

上記の設定はJUNOS 13.3から導入されたようなので、それより前にリリースされたBible本やオライリーのJunos High Availability本には載っていないようです。

参考文献:
https://www.juniper.net/documentation/us/en/software/junos/high-availability/topics/task/nsr-configuring.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。