Linux(RHEL7/CentOS7)をレスキューモード/シングルユーザモードで起動する

Linux(RHEL7/CentOS7)をレスキューモード/シングルユーザモードで起動する場合の備忘録

1.Linuxのブート画面(GRUB)でレスキューモード/シングルユーザモードで起動したいカーネルでeを押下する。

2.64ビットIBM Power シリーズの場合はlinux 行、x86-64 BIOSベースシステムの場合は linux16 行、またはUEFIシステムの場合は linuxefi行の最後に1を追加する

3.キーボードのCtrl + xキーを押下して設定したパラメータでシステムを起動する。

4.起動するとrootのパスワードを入力を求められるので入力する。

5.root権限で操作できるようになる。

6.変更後、キーボードのCtrl + dを入力もしくはexitコマンドを実行すると通常システムをブートする。
一度再起動をしたい場合はrebootコマンドで再起動することができる。

※2で追加したパラメータは保存されない

https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_enterprise_linux/7/html/system_administrators_guide/sec-terminal_menu_editing_during_boot#sec-Booting_to_Rescue_Mode

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。