softether

登さんが開発したSoftetherというVPNソフト
今は、PacketixやUT-VPNなどの名前になってる
はじめて知ったのは、窓の杜の記事

IPAの未踏ソフトで開発したという初期版の記事だった
当時は、家以外でインターネット使うことは無くVPNには全然興味無かったが
記事を読むと、なかなか凄いソフトなのではないかと思った

しばらくしたら、今までのVPNソフトと違ってNATやファイアウォール越えが容易に可能で
ネットワーク管理者が許可していない通信が出来てしまうとかで公開停止になったりして
大学生で、こんな世間を賑わせるソフトウェアを作れるのか!とワクワクした覚えがある
大学行けば、こんな凄いソフトウェアが書ける様になるのか!と

まあ、どちらかというと登さんは、小さい頃からプログラミングなどをやって
いろいろ作っていたみたいなので大学で習得した技術というよりは
個人のスキルといったほうが良いのかもしれないが
なんせ、「スーパークリエータ」認定されてますし

ここからさらに、起業してビジネスに持っていくところが凄い
自分も大学入ったら、何か凄いソフトウェア作って起業できたら面白いなあ
とか漠然と考えていたけれど、結局そんな野望はこれっぽっちも実現することはなかった

今、時間掛かっても良いから同じ様なモノを作って見ろと言われても
正直、私には開発できる自信は無いなあ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です