フレッツ光ライトのIPoE

フレッツ光ライトのIPoE使用する場合最低料金でイケるのか???

この辺りに書かれていたのを試してみました。
Transixの契約入れてインターネット接続してみましたが
通信量カウントみたら普通にカウントされてました。

https://flets.com/v6option/

公式ページのサービス内容によると【「フレッツ・v6オプション(以下、本サービス)」は、NTT東日本がお客さまの「フレッツ 光ネクスト」、「フレッツ 光ライトプラス」、「フレッツ 光ライト」回線に割り当てるIPv6アドレスを利用することで、インターネットを経由せずNGN内で、お客さま同士がダイレクトに通信できます。】
とのこと。
どのポイントでカウントしているのかわからないですが
NGN網内の通信のみならカウントされないのかな??

この辺詳しく試す前に光ライト止めちゃったので不明。

1 thought on “フレッツ光ライトのIPoE

  1. 光ライトにMAP-E(IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6)で接続してみました。
    IPv4のPPPoE接続は未設定です。
    IPv6およびIPv4、どちらのサイトへも問題なくアクセスが可能でした。

    しかしながら課金されました。
    Maxまで課金されました(笑)
    フレッツ情報サイトで課金情報を確認しましたので、間違いありません。
    ご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です