infosphereがO2

最近、infosphereがやたら重い(遅い)らしい

私は使っていないのでわからないが某掲示板を見ていると
あまりの遅さに乗り換えたっていう方も居る

どうも、繋ぎ直すと良くなるという投稿から
フレッツ側のBASという装置が過負荷になっているのではないかと私は思う
当ブログ初回に書いたのと同じ状態(プロバイダは違うが)

引用:フレッツ速度測定サイトより

上図のA装置、B装置、C装置と書いてある装置がBASというもののようである
この装置は、NTTがプロバイダに提供するもので装置の仕様などは
開示されておらず、プロバイダ側にはブラックボックスとなっているようである
この装置自体は、一つのプロバイダに対して複数あるようで、繋ぎなおせば
他の装置に繋がるため、偶然過負荷の装置繋がってしまうと重い!遅い!という事態
になってしまうと予想する
この装置を複数束ねているプロバイダ側のルータが過負荷の場合は、
どの装置に繋がっても重い・遅いの状態となる

そのため、結局プロバイダ側は、NTTに改善の要求をすることしか出来ず
NTTが改善しないことによって、重い・遅い状態が長く続き離れていくユーザも出てくる
しかし、NTTから言わせれば、ベストエフォートの範疇であり機器の交換などという事はできないとのことである
infosphereは、法人向けで値段も高く高品質というイメージがあったが
これでは、イメージがた落ち

同じNTT系列の割りに、改善したりしないのでだろうか

このブログの初回に書いたフレッツの問題と、まさに同じ事が起こっていると思われる

しかし、ベストエフォートとは便利な言葉で、これでベストエフォートが成り立つのであれば
いくらでもユーザを詰め込めてしまう
最低限、パケットロスが起きないネットワークを提供して頂きたいものである

っとこんな状況を見ると、独自のFTTHサービスやりたい!としみじみ感じる
NTTしかFTTHサービスを提供していない地域だと他に移行しようがないので
NTTも調子乗ってくるのではないかなーと思うのだが
なお、聞いた話と想像をもとに個人的な感想を述べているので間違いがあるかもしれない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です