ProxmoxでLAGってVLANタグ流し

特別な設定しなくても以下のような感じで
LAG(LACP)ったり、active-backupしたりしたBond(もしくは普通の物理IF)に
ブリッジつければ問題なくVLANタグ通せた。

インストール時に勝手に割り当たるIF

Linux Bond(LACP)
LACP以外も同じ

OVS(open vswitch) Bond

ブリッジIF(Linux Bond用Linux Bridge)

ブリッジIF(OVS bond用OVS Bridge)

VMのネットワークデバイスの追加

ブリッジのところに上で作ったブリッジを指定する
VLANタグのところにVMにつけるネットワークデバイスに流したいVLANNoを指定する
もちろん別途スイッチ側でTrunkして流れるようにしてある必要がある。

ネットワークデバイスでVLAN指定できると
いちいちホスト側でVLANごとにブリッジIF作ったりしなくて良いので
個人的にすごーく便利。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です